投資を行った事がない方でも、「日経平均株価」という言葉はニュースなどで耳にした事があるでしょう。日経平均株価とは、簡単に説明すると日本を代表する企業225社の平均株価の事で、日本の株式市場全体の動きを示す株価指数でもあります。海外では、「Nikkei225」と表記されたりもしています。それでは、一体誰が日本を代表する二十二5社の企業を選出するのでしょう。日経平均株価の「日経」とは、日本経済新聞(載っている記事が必ずしも正しいわけではないんですよね)を指しています。つまり、日本経済新聞社が東証一部上場銘柄の中から、流動性や業種などのバランスを考慮して選んだ日本企業225銘柄という事になります。この採用銘柄(激動の世の中ですから、これまでの優良株がこれからもそうだとは限りません)は毎年定期的に見直しが行われており、臨時に入れ替えが行われる場合もあります。また、企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)は株価の株(ネットでのトレードが主流となっていますね)数を増やして市場での流動性を高める為に、株式分割や権利落ちなどを行います。そこで、単純に225で割るのではなく、除数の修正などを行って平均株価の連続性を維持しているのです。一方、値がさ株が多いハイテク企業や金融企業も225銘柄(イメージではなく、経営状態などをきちんと確認し、分析する必要があるでしょう)に含まれている為に、ハイテク株や金融株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)の値動きに大きく影響されてしまう一面も持っています。それに、日経平均株価(日本政府の経済統計としても、国内外で広く認知されている指?です)は、政治経済や海外の動きにとても敏感に反応すると言われているようです。日頃から経済ニュースなどに目を向けておくと、個別銘柄を何社も確認するよりも動向が分かりやすく、扱いやすいといえるかもしれませんねー